FC2ブログ
2010/10/26.Tue

金沢でのめっけもん(三田青磁小皿&古染付誰が袖香合)

blog 6371
(直径12cm)

金沢の骨董フェアでしたが、こちらはあまり金沢には関係のない・・・三田青磁小皿
幾つか持っているものですが、小さめのものばかりなので
4寸は使い勝手がいいかな~と思ったのでした。
blog 6374

実はこれ、甘手で貫入が走っていてお買い得だったんです。
でも完品よりも発色が良く、貫入も青磁らしく味があっていいかな~と。

blog 6373

それともう一つ見つけたのがこちら・・・。

blog 6376
(4.7 × 3.7cm)

染付の「誰が袖香合」です。片袖の形をしているものをそう呼ぶのですが、
これは形だけ「袖」で、文様は特に着物っぽくはないですね。
さて、これを買ったのには理由があって、比較的小さめで時代もそれなりにあったからなんです。
実はMy茶箱に仕込もうと思ったんですよね~^^
茶道の心得もないくせに、宝箱気分で茶箱を持ってるんです。
それが、生意気にも茶箱とお茶碗、棗はかなり時代のあるよいものなんですが、
茶巾筒とか茶杓などはちょっと格の合わない若いものだったりして、
ちょっとずつ組み直したいなぁ・・・と思っているものなんです。
(こういう気長な遊びがまた楽しみなんですね♪)
で、その茶箱には香合とか振り出しは入っていなくて、あんまりスペースもないので
小さめで、それなりに時代の格の合うものがあれば・・・ということだったのです。

これをみつけたのは、ちょうどその茶箱を譲っていただいた親しい骨董屋さんだったので
「これってあの茶箱に合いますか?」と聞いてみると「大丈夫!」ということで
いただいてきた次第なのでした。
ちょっとずつ上手く集まるといいなぁ♪
関連記事
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示