2010/11/04.Thu

栗の季節(伊万里染付芙蓉手小皿)

blog 6420
栗の季節のお菓子には、ぴっと染め付けてある器が秋の空気に合う様でお好みです。
blog 6419
こういう図柄は「芙蓉手」といって中国伝来の定番のものなのですが、
江戸後期伊万里というのは食器として良く出来ていて、使うのにはぴったりです。
これに載せる栗のお菓子で一番のお気に入りはすぱっと切った栗蒸羊羹。
華のある染付の色に小豆色と栗色がぴったりマッチして、悦に入っていたら、
小山裕久さんの本「和食のデザート」に良く似たコラボが載っていて、
やっぱりなぁ~と満足したことがありました。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示