2010/11/17.Wed

追っかける<宮城県美術館・長谷川潾(りん)二郎展>

あ~毎日なんだか楽しいなぁ♪
ご飯作って食べても、お茶を入れて飲んでも、お酒をちょびっと呑んでも実におもしろい!
・・・って、調子が悪くならなければいつもこうなんだけどなぁ。。。
たまの不調はありがたみを感じろという思し召しなのですね、きっと。

さて、そんな訳でなんだか忙しく、upも滞りがちなのでしたが、こちら・・・
仙台名物牛タン定食ですぅ~。
松園さんの前日11/6に、弾丸日帰りツアーしてきましたっ!

201011仙台 013

って、これを食べにいったのぢゃなく、こちら・・・

201011仙台 006

猫のタローの地元仙台での凱旋展覧会に参戦してきました♪
やりました、ついに長谷川潾(りん)二郎展の4会場制覇ですっ。
そこまでやるか?って感じですが、仙台ではこの展覧会を記念して
小企画展「洲之内コレクション」展(いずれも12/23迄)も開催されているのです。
去年の展覧会で堪能したあの絵たちにまた会いたいなぁ~と思ったのです。
弾丸ツアーなので朝早くに空港へ・・・嵐ジェットを発見!
201011仙台 001

仙台空港から仙台駅に行くと、駅の広告塔(こういうの、なんていうのかな・・・
電子広告?)にタローが!!
次々と広告が変わって行くので、一周待ってパチリ!
201011仙台 002

少し時間に余裕があったので、東北福祉大へ芹沢けい介展を見に行きました。
東北福祉大から宮城県美術館はてくてく歩いても30分かからないですからね!
201011仙台 003 201011仙台 005

いいお天気、美術館に着きました!
201011仙台 007

この日、タロー展の企画をされた平塚市美術館館長代理の土方明司氏の講演があり、
それを狙って行ったので、それまでの時間にまず小企画展「洲之内コレクション」展を
見ることに。
その後でりん二郎展+講演、最後に常設展というコースにしました。
201011仙台 008 201011仙台 009

◆「洲之内コレクション」展

洲之内コレクションの中でも、特に洲之内徹の「気まぐれ美術館」シリーズの
文章と切っても切り離せない名作をたっぷり堪能することが出来ました。
洲之内徹の文章は、本来これらの絵が生まれた背景とはなんら関わりはない訳で、
そういう意味では、これらを画家の立場に立って見ることを妨げたり、
あるいは私がこれらを自由に見ることを妨げたりすることになりうるのかもしれません。
でもやはりこれらを見るとき、洲之内徹の眼を借り、自分だけでは到達し得ない、
少しだけ高いところに手が届くような気持ちになります。
それは、それぞれの絵について具合的に何かが分かるとか、そういうことではなく、
「絵を見る」とはどういうことか腑に落ちる、「絵空事ではなく」思えるというのでしょうか。
息をして、ご飯を食べ、眠るように絵を見ることができる気がするのです。

でもまぁ、難しいことは言わなくても、洲之内徹の好んだ、これみよがしなところのない
絵を眺めながら、洲之内徹のモノローグのような文章を思い出すだけで幸せなのですけどね。

◆長谷川潾二郎展

前回、函館美術館での感想は書きそびれてしまったっけ。。。
函館展では長谷川4兄弟に関する展示があったり、函館美術館所蔵の絵が追加出展されて
いたりし、生誕地函館のあの独特な空気のもとで潾二郎の絵を見るのは格別の思いがありました。
(函美所蔵の洗剤の瓶を書いた何気ない絵があって、それが出ていたのがうれしかったです。)
毎回書くことなどなかろうと思うのですが、やはり四季折々各地で潾二郎を見るのは愉しかったな。
色々な絵とそれぞれの季節がリンクして、毎回何か新しい気持ちになりました。
そういえば、タローグッズも回を追うごとに盛り上がっていて、ポスターができたり、
カレンダーができたり、ポストカードブックができたりだったのですが、
四季折々の潾二郎を眺められるから、カレンダーはよいアイディアだなと思いました♪
(書籍として出版されている展覧会の図録も好評で1万5千部を突破したそうです。)
土方氏が「タローを前面に押し出せば猫好きが来て動員数を確保できる!」と力説した、
と笑いながら仰っていましたが、そうやって来られた方々にも、声高でない潾二郎の絵は
却って訴えるものがあったそうです。
仙台では、あぁ・・・もしかするともう一生お目にかかれない絵のほうが多いのかなぁ、
と潾二郎の絵たちとこころのなかでお別れをしてきました。
個人所蔵が多いので、次にこれだけ集められるのはいつになるのか分かりません。
この木も土も、花も果物も・・・またいつの日か出会えたら!

◆常設展

宮城県美術館の近代美術の所蔵品はあぁ、よいものがあるのだなぁ・・・とうれしくなる
ものばかりでした。
このときは、夢二の版画などもありましたし、日本の近代美術では高橋由一もあれば、
松本俊介や岸田劉生、安井曽太郎もありました。
海外ではクレーを見れたのが収穫でしたし、オスカー・ココシュカなどもありました。
たっぷり堪能したなぁ♪

なんかいろいろ思うことはあったのに、怠けているうちに脳ミソからこぼれ落ちたようです。。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示