2011/03/08.Tue

市の愉しみ

週末はあちこちの骨董市をぶらぶら・・・
がらくたと云ってはなんですが、ほんのお小遣いで手に入れられる、
さしたる用もないような、だけどちょっと愉しくなるものを見つけるのが
市漁りの醍醐味。
断捨離とは無縁の私は、いざ、無駄遣いへ~♪

ということで、3コ1,000円というポッキリ価格でお連れしたのはこちら・・・

blog 6832

明治の瀬戸の小猪口(直径6cm/高さ5cmぐらいのチビ)です。
いい加減な矢羽文ですが、ちょっとお花を入れたり、お酒を飲むにはいいサイズ。
でも考えてみれば明治ももう100年昔の話な訳で、コイツも立派なアンティーク(笑)。

もうひとつは・・・
blog 6830

でた!わんこです!!(高さ約10cm)
これはいわゆる干支飾りですかねぇ~。
黒い目と鼻がなんだかマジックで描かれたような具合の、お茶目な出来の置物です。
でもなかなかのガツンとした塊り感で300エン也でしたので、ついつい・・・
(コイツがまた連れ歩くのが結構重く・笑)

うひひ、愉しいことですのぉ~。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示