2011/03/17.Thu

寄り添う盃(和ガラス グラヴュール蔦文盃)

blog 6860

蔵元から搾りたての日本酒を買ってきました。どんなお味かな・・・。
お酒そのものの味に近づこうと、ガラスの盃を出してみます。
ガラスは無地に限る」・・・などと達観なんぞできない私ですから、
グラヴュール模様のようにごくごく控えめに飾った和ガラスで、
ほんのりとした色気を愉しみます。
blog 6857

背の低いほうの盃をのんちゃんがみつけて喜んでいたのですが、
ぽつんと一客で寂しげで、どうしたものかな・・・と思案すること数ヶ月。
「あ、」と声が出たのは同じお店のケースの中、背の高いほうの盃が
ひっそり置いてあったのでした。
お酒はやっぱり誰かと一緒にいただかなくちゃね。

よくみると、連れにと見つけたほうの盃はピンクがかったガラスの色・・・。
のんちゃん「こっちのほうがきれいかな?」
私「ダメッ、これは女性用っ!!」
・・・寄り添いつつも一線は退かないことが肝心です♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示