2011/05/10.Tue

晩酌セット?(和ガラス醤油差し & 染付千鳥文おろし皿)

ガラスの醤油差し・・・造形的にもおもしろいものだし、
ガラスのつたない感じが良く出ているものなので、ひとつぐらいは欲しいな、と。
もちろんお酒の肴にちょろっとお醤油を垂らしてみたかったし。
珍品とかじゃなくていいし、和ガラスのうるうる感を味わいたいから無色でいいし、
そんなイメージを描きつつ、みつけたのがこれ。

blog 6967
(高さ10cm)

きれいだなぁ~♪なんだか消えてしまいそうに儚いような。

ネジになっている蓋に桜の模様が入っていたのもちょっとうれしい♪
blog 6968

さて、先日近郊の骨董市をぶらぶらして、思いがけずときめいた「おろし皿」!
これでお蕎麦屋さんでもらったわさびの残りを擂って、あの醤油差しでお醤油を垂らすぞ~!
と意気込んで帰宅。

それはね・・・
じゃじゃ~ん!!
あろうことか、骨董とは呼べない大昭和製!(まさか平成ではあるまいが。)
普通ならここでせめて明治ぐらいの瀬戸の白磁とか、あるいは丹波あたりの民芸っぽい
土もののおろし皿が出てくるはずなんだけどなぁ。。。
しかもね、この中古食器は意外にいいお値段だったのよ~!!(勿論高くはないのだが)

blog 7073
(全長15cm)

でもねぇ、可愛い千鳥が飛んでいるからとはいえ、何故か妙に惹かれるヤツで、
なので私の「秘蔵のがらくた探し」スイッチが押されてしまったらしく・・・とほほ。

とはいえたっぷり土を使った重厚なボディは頼もしく、わさびをがりがりして
お醤油をちょろっと垂らしたら(千鳥水没)、予想以上にうれしい感じ♪
やっぱり骨董の愉しみは(いや、これは骨董ぢゃないか)お値段とは関係ないなぁ。。。

blog 7074

んで、このフシギな染付文様はなんであろうかと私なりに考えてみたのであるが、
このおろし皿は舟形をしていて、周囲の染付は舟にかぶる波の「つもり」なのでは
ないかなぁ、と。
だからやっぱりこれは「波千鳥」!!
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示