2011/07/03.Sun

骨董市から帰って (プレスガラス小皿/大正青磁舟形皿)

blog 7304

市をぶらぶらしたかえりみち、いつものようにお菓子を買って帰る。

のんちゃんのは「花しょうが」という、この季節らしい生姜味の道明寺。
私のは祇園祭が近いので葛粉のちまき。
(あぁ、またも笹のお菓子を選んでしまった私はパンダか?)
blog 7299

思い思いにお菓子を選ぶので、お皿も思い思いの取り合わせになってしまった。

ガラス小皿は今日のめっけもん、私好みのうるうるカリカリしたような、
いかにもぎゅうっとプレスされたような、和ガラスらしいプレスガラス
最後の2枚ということでちょこっとうれしいお値段に♪

blog 7300

周りが「輪繋ぎ文」なのが、やったぜ!という感じ。
少し柄違いのこんな輪繋ぎのものが本に載っていて、「明治末~大正初期」とある。
プレスガラスの「威張ってない」感じが好きだけど、100年も経っているんだなぁ♪

骨董とは呼べないようなこのお皿も、同じ大正時代頃・・・。

blog 7298

涼しげな「波にオモダカ」の意匠、オモダカ文もよい図柄♪
なかなか上手く青磁の色を撮れなかったのだけど、この色は鍋島の青磁の色なのだそうで・・・。
もう少し黄色みの強い感じのは伊万里青磁だと教えてもらった。
鍋島藩の頃からは遠く離れた時代のものでも、それぞれ違ってるんだなぁ。

この時代のものは、気安く愉しく使えるところも「威張ってなくて」好き♪

blog 7291 blog 7296
(13.5cm)                 (17.5cm)

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示