2011/07/18.Mon

連休ぶらぶら(東洋陶磁美術館&山王美術館ほか)

先週は遠出したので、この連休は梅干を干しながら合間を狙って近隣をうろうろと・・・。

初日は大阪市内美術館巡り♪

大阪市立東洋陶磁美術館
「浅川巧(たくみ)生誕百二十年記念 浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟の心と眼-朝鮮時代の美-」
blog 7314

東洋陶磁美術館には高麗・李朝の名品が沢山あるけれど、
この展示では日本民芸館の収蔵品も色々見ることが出来たのがうれしいところ。
李朝の白磁の壺など、そこらの現代美術など太刀打ちできないような
抽象性と存在感があって素晴らしかった。
でもやっぱり巧旧蔵のふたつの水滴・・・瑠璃釉の屋根を持つ家型のと、
それから染付に釉裏紅をつかったぴちぴちしたお魚のもの、
巧の人柄が偲ばれるような愛らしい水滴で、大好きだな。
民芸館からのものでは、白磁と瑠璃釉、それぞれの段重も欲しくなる愉しいもの。
あと、最後に展示してあった東洋陶磁の小さな染付の段重?も可愛らしく、
それに個人蔵の愛らしい二匹の蜂を描いた小皿のような盃台も加えないと。

さて、其処からなんばへ移動して・・・
山王美術館
「藤田嗣治展」
blog 7316

藤田の自画像、片方のキバを見せた猫と一緒の自画像なんかを持ってるんだぁ。
乳白色の時代の婦人像もあったし、乳白色の前の、初期の作品も結構色々あって、
そういうものを見れたのは収穫だった。
素描も幾つか出ていて、私のたからもの@と同じ1936年のマドレーヌの肖像が
あったのにはどきっとして。
面相筆の針金のように細くて張りのある線が素晴らしかった。

連休二日目はよこしまな用事で宝塚と神戸元町へ・・・。
宝塚から元町へはドライブがてら幾分涼しい六甲山を通って。

blog 7319

よこしまな目的は達成しちゃった。。。(それはまたいずれ)

最終日の今日は「なでしこ」の活躍を祝しつつ、お昼はお蕎麦でも~っと。
伏見の「膳」さんでただただお蕎麦を堪能する。
もりを頼むと半分ずつ、細かい目と粗い目に挽いたお蕎麦をいただける♪

blog 7320 blog 7321

梅干も完成し、夜はおやつなんかいただきながら、我が家としては
のんびり目の休日は終了!!

blog 7318
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示