2011/07/22.Fri

モダニズム (和ガラス切子コップ)

blog 7322

最初に見たとき、「あ、これは建築だ。」と思った。

分厚くてあまり使い勝手がいいとは思えないこのコップ、モノとして無性に欲しくなった。
売主は明治頃のものだと言い、なかなかいいお値段だったがともかく持ち帰る。
のんちゃんはこれにはミックスジュースだと言うが、ミキサーがないので
しばらくは時々眺めては放っていた。

さて最近のこと、あ・・と声が出たのはコップ小皿ひとつずつのセット。
コップはなんと「あれ」ではないか!
blog 7324

これもやっぱりふたっつになったのである。(しかも小皿付き♪)
しかもこの度の売主の弁は大正から昭和頃のものということで、お値段もうれしい感じ。
「大正から昭和」と言われ、あぁそうか!と思う。
「建築だ。」と思ったのは、今思えばモダニズムの香りがしたからなのだ。
(この写真の背景は少々ナンだけど・笑)

ある、こういう時代があったのだな・・・と眺めながら、まだミックスジュースには
ありつけてない。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
わかりますわかります!
ミックスジュースですね♪
towaもそう思いました(*^_^*)
でもミケアさんがおっしゃるように
建築物っぽいグラスでもありますね。
別の場所で、同じコップに出会ったりするのですね。
すっきりクールな切子模様だけど、ガラスの厚みでかわいい感じもしますね。
子供の頃、近所にこんな感じのガラスの入った窓の家があったのを思い出しました。
towaさんへ
とりあえずサンガリアのみっくちゅじゅーちゅでも
入れてみようかなぁ・・・と思いつつ、まだ実行できてません(笑)。
気に入ったものを見つけたとき、どう使おうかなぁと考えるのは楽しいです。
シクラメンさんへ
>子供の頃、近所にこんな感じのガラスの入った窓の家があったのを思い出しました。

気に入っているものってよく考えると子供の頃好きだったものと
同じ匂いのするものだったりします(成長がない・笑)
子供のときに見たものってよく記憶に残ってますよね。

2つめのコップを発見したときは、先に買ったほうは
結構よいお値段だったので「うっ」とうなりましたが、
でも揃ってよかったです♪

管理者のみに表示