2011/08/23.Tue

伝統柄プレス (プレスガラス 梅に鶯文小皿)

どうも私は、プレスガラスも伝統柄が気になるようである。
珍品とかももちろん心惹かれるに違いないけれど、伝統柄のめでた感が好きだ。
これ@は笹文(それとも竹?)で、なかなかお気に召していたりする。

「梅に鶯」は本で見て、可愛いなぁ・・・と思っていたが、
一枚ずつ見つけて二枚になった。(これでのんちゃんと使える訳だ。)
プレスに立体感があり、愛らしいのである。。

blog 7375
(10.4cm)

さて、こちらは「5枚持ってってよ」と云われたもの。
見ると一枚別の柄だったり、キズがちょこちょこあったりしたのだけれど・・・
blog 7371
(10.5cm)

おぉ、愛らしい梅の小枝の柄ではないか♪
質感の点では、お値段の分だけ先のお皿のほうがよいと思ったけれど、
でも梅柄は可愛いよなぁ・・・と、安かったのを口実に、
やっぱりついつい連れ帰ってしまうのであった。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示