2011/10/24.Mon

キッチュワールド (九谷焼?色絵豆角皿)

当方お怒りなのである。

物を3つ4つ投げつけて壊してやりたい気分であるが、
物が好きなのでそんなことは絶対できない・・・とほほである。
仕方がないので、今日は更新しないつもりであったけれど今頃こんなことをしている次第。

blog 7545

梨を買いに遠出して、地方の骨董屋さんなんぞ覗いてみる。
ものは都会に集まるものだとは思うけれど、見るからに古物商いといった風情の
地方の骨董屋さんを物色するのは楽しく、また置かれているものも怪しい輝きを
発しているかのように見えるのはやはり浮き足立っているのだろう。

残っていたまあるい栗のお菓子は角皿で食べよう、と考えていたところに
小さな角皿を発見!
blog 7542

うわっ、可愛い♪・・・っていうかキッチュ?
いや、真面目に絵付けしている(雲鶴に梅・牡丹・菊・水仙)ようだけどなんだかね・・・
「ちまちま」感にはお好みのとお好みでないのとがあるんだけど、これはお好みである。
赤絵の色も紅皿の紅みたいで、愛らしいぞ。
ちょっとゆがんだヤツもいて、のんちゃん曰く「チープな感じだね!」
こんなのが6枚も転がってたらかなり愉しいんぢゃないかぁ。
(こういうものをチープに楽しむチャンスはもはや伊万里では殆ど不可能に近いからね。)

blog 7543

これはやっぱり九谷だろう、ということなのだけど、
裏側は何やら投げやりな絵付けはされているのだが、「九谷」銘もない。
ただ、高台の部分があんがいしっかり焼けていて、胡麻の入った石のような触感が
ちょっとえへんと威張っている感じで微笑ましいものである。

さて、私の怒りが収まったかというとそうでもないのであるが、
もう、このキッチュワールドに逃げ込んでしばらく知らん振りをすることにする。

blog 7544
(約8.2cm四方)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示