2011/12/20.Tue

余分 (プレスガラス醤油差し)

blog 7925

お出掛け先で骨董屋さんをのぞくのは楽しい。
こういうものは意外とするんだなぁ・・・というものや、
これは案外お買い得かな、というものが、お店によって色々であったりするので、
ちょっとした探検気分を味わえる。
それだけでも十分に楽しいのだけれど、その、「ちょっとお買い得かな」という
やつがあったときがややこしい。
お出掛け気分も加わってお財布のヒモがゆるんでしまうワケである。

という訳で、増やさんとこ・・・と思っていたものが安かったのである。。


blog 7920
(高さ10cm)

そう、お醤油差し・・・。
明らかにこれは余分には要らないものだ。
(お皿も余分には要らないものだが、取っかえ引っかえ使うことができるので言い訳が立つ。)

だけどプレスガラス好きには、お醤油差しの凹凸のある造形って魅力的なんだよなぁ。
複雑な形が昔のガラスに気泡なんかの表情を与えていて、見ているだけで楽しい。
(そういうことを思い始めると、ついつい増殖する危険性大である。)
こうなったら、どうか安くてスバラシイお醤油差しが、もうこれ以上
目の前に現れませんように・・・とお祈りしておくしかないのであった。

blog 7928 blog 7929

blog 7904
(いずれも高さ10cm)

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示