2011/12/23.Fri

短所には・・・ (仏蘭西軟陶白磁珈琲カップ)

お茶も好きだけど、珈琲も大好きだ。
朝の珈琲用に、欲しいなと思っている作家さんのマグカップがある。
(勿論骨董でもOKなのだが、お好みのマグカップなどそうは転がっていない。)
ネットで買えばよいのだが、できれば実物をみたいなぁ・・と逡巡している。

夜はやっぱりマグじゃなく、珈琲カップ、しかもできればふるいもので飲みたい、
などと思う。
でも、我が家の普段の暮らしに違和感のないカップってないんだよなぁ・・・ぶつぶつ。
瀬戸辺りのデッドストック品を見ても、なかなかこれだというのには出会えないし、
西洋アンティークは大抵素晴らしすぎる・・・。
イメージアップが足りないのか?と思っていた頃、あれ?うん!?・・・と
アタマの片隅の何かに引っかかったのがこれだった。

blog 7760
blog 7764

飲み口はスパッとエッジが利いているけれど、全体のラインは何かにつけ、「控えめ」だ。
端反りのほうがより飲みやすい気はするが、微妙な碗なりはまぁまぁ勝手も悪くないだろう。
レリーフがなければなぁ!と思う人は多いかもしれないけれど、これもやっぱり
「控えめ」であるので、私的にはOKだ。
ただ、ソーサーはレリーフ過多だしやや大きすぎる気がして少々残念に感じたのは事実で、
なのでどうしようかと随分迷った。

でもここを見て決めた。。

blog 7768

上薬にざらりとした刷毛目が一部・・・軟陶ってキレイだなぁと素直に思った。
(ついでにソーサー含め、全体がもっとこんな風に粗雑だったらよかったのに、とも・笑。)

長所をみつけると短所には目をつぶれる、あんがいお手軽な人なのであった。

blog 7763
(カップの直径:7.7cm/ソーサーの直径:14.1cm)
*フランスはサルグミンヌ窯のブロカント♪
 画像で白かったりアイボリーだったりしてるけど、ミルクホワイトなお色。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
メリークリスマス★
優しいカップ&ソーサーですね(*^_^*)
コーヒーにももちろん、控えめにお花を飾っても絵になりそうです♪(あ、もったいないですかね)
クリスマス寒波がやってきて、大阪も寒いですね~(>_<)
お互い仕事納めまでもう少し。体調に気を付けて過ごしましょうね。
towaさんへ
メリークリスマス、towaさん♪
あ・・そうですね、優しいお花やグリーンが似合いそう!
さすがtowaさんです。今度チャレンジしてみますね~。
本当に一気に寒くなりましたね。
towaさんもお体に気をつけてお過ごしください。

管理者のみに表示