2012/02/19.Sun

春を待つ (くらわんか格子文茶碗)

blog 8219

陽射しはどんどん強まっているのに、厳しい寒波。
それでも春の兆しに椿が咲き始める。
もう原木は途絶えた名花、「玉之浦」の交配種(名前忘れちゃった)を北窯の花瓶に。
玉之浦の白抜けを受け継いだあたたかいピンクの八重咲の花。
蜜が花弁に流れていたので、メジロのつもりで一寸ばかり舐めてみる。

さて、どういう訳か寒波が来る度、京都の北「越畑フレンドパーク まつばら」さんに
お蕎麦を食べにドライブしているのは偶然か!?
ひんやり冷たい空気の中、きりっと冷たいお蕎麦を食べに行くのもまたよろしい。

お酒がまた切れそうなので、帰りに能勢の嶋田商店さんに寄り、秋鹿を買う。
近くに純米酒の蔵があるのはありがたい限り。
今日は、日本酒度18度の超辛口のものをいただいてみる。
毎年この時期に出す辛口のお酒なのだそうであるが、今年はこの寒波のせいか、
いっそう辛口になったのだとか・・・。どんなお味か楽しみだ。

blog 8220

まるや天賞・純米酒『伊達の蔵元』も買ってみる。
被災して、お付き合いのあった別の蔵元さんにお世話になりながら、
生きながらえた酵母で作ったお酒を、嶋田商店さんが販売支援していたもの。
宮城のお酒はどんな味だろう。

blog 8222 blog 8221

さて、夕食の準備にスーパーに行くと・・・あぁ、もう豌豆が出てるんだ♪
もちろんまだまだハウスもので、旬のもののお味には叶わないのは分かっているけど、
それでもはしりのもので一寸春の気分を味わいたく・・・。
blog 8223
(直径11.3cm)

あぁ、翡翠のように美しい~豆ご飯大好きなのである!!
(ということで、せっかくなのでお豆を引き立ててくれるくらわんか碗にていただいてみる。)
春になって豆をたっぷり食べられる日がやってくるのが楽しみなことなのであった。

blog 8224
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示