2006/01/18.Wed

寝つきが悪い

このごろ、やたら寝つきが悪い。昼まで寝ているからだと言われてしまえばそれまでだけど。
朝はなかなか覚醒しないのに、夜布団に入るといろいろ余計なことを考えてしまう。
「あと2年で復職できるだろうか。」とか、「だめだったら生活できるだろうか。」
とか(経済不安を訴えるのって、鬱の特性らしい)、「いつまでもこんなんで、
だんなはいい加減嫌気をささないだろうか。」とか・・・。
ネガティブだなぁ・・・そんなんで寝起きがいいわけないか。
時々目を覚ましつつ、掃除機の配達があるので、昼過ぎに起きた。
寝起きはわけもなく憂鬱。新聞を読んだりしてなんとか立て直そうとする。
結局、掃除機が届いたのは夕方だったので、掃除は明日に回して、図書館に行く。
本を返し、予約していた骨董の本と、早起き療法の鬱の本を受け取る。
往復30分歩いたら少し元気が出てきたような気がする。
こんなさえない一日でも、何事もない、大切な一日なのだと思いたい。

・読んだ本
 藤沢周平「天保悪党伝」

晩ご飯は、海老とレタスのマヨネーズ炒め、たらこ、青菜とお揚げの炒め煮
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
ミケアさん、昨日からすごいですね。
朝からお料理したり、今日も図書館行ったり、本読んだり、30分も歩いたり。
私は、掃除や洗濯は好きなのですけど、お料理が苦手です。
考えるのも、買い物に行くのも、作ることもしんどい。
そこにきて、相手は好き嫌いが激しく、調理法によっても、食べたり、食べてくれなかったり。
体を考えて作ったものに、箸をつけてくれないと悲しいですね。
そして、ミケアさんの言うように、何か一つでもできたら、達成感があって嬉しいって、わかる気がします。

夜は、色々考えてしまって私も不安になるけれど、今は、何か一つでもできたことに幸せを感じて生きられたら、それで十分だと思いませんか?
経済的な不安を訴えるのも鬱の特性だということ、初めて知りました。
そういわれると、私の場合は鬱になって、実家に帰って自分の両親の近くで
暮らしたいという強く思うようになったせいもあるのですが
(その為には転職しないといけないので)、
先の仕事や収入のことが突然どうしようもなく不安に思えることがよくあります。

そして、ミケアさんの言うように、なかなか難しいけれど、
普通の人が「今日はこれをした」と思えるような"何か"ができない日でも
ささいなことしかできない日でも意味のある一日だと思いたいですね。
今日の私も会社にいかない日だったので、お洗濯とお昼ごはんに焼きうどんを
作っただけの一日だったけど、そんな一日でも「充電日」だと思って満足しようと思います。
かのんさんへ

かのんさんはお料理がダメなのですね。
私の掃除嫌いと足して半分こにしましょうか・笑。
ゆうべもなかなか寝付けなかったですが、あんまり悪いことを考えないように頑張りました。
朝起きれますように、って暗示もかけてみたのですが、こちらは失敗。
でもこりずに努力することにします。

あきぞうさん

休職しているのだから不安になるのも当然なのですが、
必要以上に「経済不安」を感じる、っていう症状、あるみたいですよ。
今困っているわけじゃないし、なるようになるんでしょうけどね。

私はあきぞうさんのように会社も行けてないけど、
でもこれでも与えられた一日を一生懸命生きているのだと思いたいです。
一緒にのんびりやっていきましょうね。
ものすごく低レベルだけど、ミケアさんは、ウツ状態だと、それを建て直そうと必ずしてきてますよね。
私は、まだ?それができません。
ウツなときは、ウツに浸っていますー・笑。
もーしゃーないやん、ウツやねんって。
これって、一人暮らしだからかなー。

経済的な心配が、ウツの一番のストレスになるというはなしは聞きますね。
のんびり、ゆったり、いやなことはしないという三原則を守るためには、
経済的なストレスがあっては、できないということでしょうね・・・。
私のドクターもカウンセラーも、独り身の私にその心配は常にしてくれます。

私が思うに・・・余計なお世話ですが・苦笑、
ミケアさんが働かなくても、生活は成り立つのではと思うのですが、、笑。
それは、内情をしらない、ヨソモンからみた青い芝生なんですね、きっと。

貯金食い潰し生活のアタシより(^_^)/
(不安だよーって、どうにかなるさと思っている私。というか、やっとどうにかなるさと思えてきた私。)
かおりちゃん

>ウツ状態だと、それを建て直そうと必ずしてきてますよね。
そうですね、これってもしや悪あがきなんかな。
でも、それもできないほどへろへろの時期も過去にはあったような・・・。
私もひとりだったら際限なく鬱々してるかもしれません。
朝も起きず、だんなが帰ってきたときもまだ寝ている、という
シチュエーションが、私にとってはもっとも避けたい事態なんです。
(だんながめげるみたいです、それをやると。)

生活が成り立つか?
うーん、たぶんどうにか食べてはいけるんですけど・・・。
生き方を変えなければいけないでしょうね。
まだそれを受け入れてはもらえていないんです。
きっとかおりちゃんにはゼータクに見えるでしょうけど、、、。

管理者のみに表示