2012/04/30.Mon

旅の切れ端 (伊万里染付宝尽文向付)

のんちゃんの仕事と仕事のスキをついて、ちょいとお出掛けをする。
実に久しぶりである。
世間様はいざ知らず、我が家はロードムービーさながらに始終何処かを彷徨っているのだ。
「あぁ、八重桜がここにも。」「もう桐の花の季節だよ。」「朝掘り筍だって。」
「あんな屋根の上に猫がいる。」・・・交わしているのはその程度のことだけど。

骨董屋さんを一緒にのぞいたのも久しぶりである。
性懲りも無くいつもちまちま買っているけど、結局のところそれらは「旅のお釣り」だ。
なので、まぁ別に買わなくてもよいか・・・などと考えながら眺めていると、
「誰かの好きなお宝文があるよ♪」とのんちゃんが仰る。確かに・・・宝尽くしにはヨワいです。。
土産物とあまり変わらないお値段であるので、連れ帰って遊ぶ楽しみを思えば
お安いものである。とはいえ、うちは食器屋さんぢゃないんだけれどね。。

blog 8491

明治伊万里なのだそうだ。
骨董的風合いはあまりないけど、食器的にはラブリーかつ至ってタフなご様子である。
のんちゃんは茶碗蒸しは美味しいヤツしか食さないけど、これに作ったら手をつけるかな?
焙じ茶をすするような、大きめのお湯呑にもなりそうだ。
得意ワザ、缶詰のみつ豆をちょびっといただくときにも良いかもしれない。

お連れしてしまった以上、是非とも活躍していただきたいものである。

blog 8495
(直径8.5cm × 高さ6.5cm)

blog 8494 blog 8490
見込みに麒麟・・・かな!?/5つセット価格だった!!
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示