2012/05/17.Thu

いぢわるな・・・ (染付亀甲文盃 岡晋吾)

伝世品によろめいたと思ったら、現代作家さんに吸い寄せられたりもする。
別にふるいものにこだわっている訳ではないので、今起こっていることにも興味はあるのだ。
だってどんなものにも、それが生まれた瞬間というものがあるのだものね。
という訳で、ふらふらと入った器屋さんで、気づけばこれをしっかり握りしめていた。

blog 8520

唐津『天平窯』で作陶されている、岡晋吾さんという作家の方のものなのだそうだ。
(すいません・・・存じ上げもせず〇〇先生とかというのは、なんだか気恥ずかしく。。)
色んなものを作られていて面白かったけれど、この方の古伊万里の解釈には
思わずどきっとしたのである♪(お店の方曰く、とにかく研究熱心な方なのだそうだ。)
とうに有名な作家さんなので、現代ものにうとい私がごちゃごちゃいうまでもないのだが、
ふるい器のようにスピード感もシャープさもあって、それでいてどこかユーモラスで、
これは「今」生まれている「もの」なんだなぁと思うと、なんだかときめいた。

blog 8516
(胴径 6.5cm)

ところでこれは酒器で、こんな風に何故か口すぼまりでお尻の大きいものだから、
もしかすると相当あおらないと飲めないかも・・・とは思ったのだけれど、でも欲しかった。
というか、そういうちょこっといぢわるな感じが、しゃれこんでいるように思う。
ちょっとぐらい苦労してもこれで呑んでみるぞ~とファイトが沸いてくる。
この先「それぐらいの苦労は厭わない」と思わせる器になってくれれば、
それが伝世のはじまりだなぁ、うふふ♪

blog 8519

ところでこの盃、少し前に個展をされたときの残り福なのだそうである。
個展は大盛況だったそうで、これが今手許にあるのはなんだか不思議。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
No title
呼ばれる瞬間っていうのかな?
その場に立ち会えてよかったわ ♪♪♪

飲み心地をまた教えてね。
りぃこちゃんへ
週末によっしゃ試飲だぁ!とこれを出してきたら
だんなっちがこっちの盃を取ってしまったよ(笑)。
なので飲み心地はまだなのです♪

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます