2012/07/16.Mon

雅やかなる (御菩薩焼色絵段重)

blog 8617

お宝尽くしマニアなので、つい手に入れてしまった。
御菩薩(みぞろ)と蓋裏にある、古清水焼である。
あまり見ないほどの多色使いだけれど、品を失っていないところがさすが都の焼物である。

blog 8618
(直径11.5cm前後)

おそらく三段重だったのを一段欠いているそうなのだが、二段で十分愛らしい。
何か情緒のあるものを入れたいところを、現在薬などいれている次第である。。
実のところ、古清水は雅すぎて一般ピープルな家庭では激しく浮いているのだ。
何とか頑張って使う途を考えてみる。
お干菓子なんぞ入れて、上等な宇治茶で一服、なんていうのがよいかもしれない。
(そういえば古い粟田焼のお気に入りの煎茶碗があるのだ。)
あるいは上等のチョコレートを入れてブランデーなんてね。

いずれにしても、やはり身分不相応には違いあるまい・・・。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示