2012/07/24.Tue

夏休みの後で (プレスガラスアイスクリームコップ?)

北海道横断のあと、のんちゃんに夏休みをいただいた。
実家でだららんとしながらたらふく食べさせてもらうしあわせ♪
(いい年していまだ母のお世話になりまくるのもナンであるが、
上げ膳据え膳でお茶まで勝手に出てくるという機会は捨てがたい。)

怠けるだけ怠けてご帰還したのであるが、相変わらずのごっちゃなお部屋に
ミョーに「帰ってきた」気分が沸き起こるのであった。
さて、少しして何気にそのごっちゃなお部屋を眺めていると・・・あれ?
見慣れないものを発見!!

blog 8633
(直径7.5cm)

何だこの私のお好みゴコロをくすぐるやつは・・・。
古くてごりっとした感じの、色のないプレスガラス
わぁい、いかにも骨董的価値もなさげな、全身これガラスの塊みたいなやつだ♪
「どぉしたん、どぉしたん?」とのんちゃんに詰め寄る。
夏祭りにおじいちゃんに買ってもらった青いガラスの猫のことを何故か思い出す。
幼い夏のガラスの記憶。

blog 8634

「ちっちゃいねぇ、ままごと用かな?」と言いながら、そういえば同じ柄があったと
取り出したプレス氷コップと比べてみる。
それでもぎりぎり実用っぽい大きさなので、これは小さなアイスクリームコップかな。
しばらくルーペで覗いて古いプレスのうるうる感を堪能したり、ブラックライトを
当ててガラス質を確認したり(少し反応するので大正ぐらいはありそう)・・・。

ぽってり分厚くて心憎いやつである。(口辺がも少し薄ければ盃になるけれども。。)

blog 8629

で、どうするのかというと、その日はモンスーンな関西の夏をビールで乾杯!
北海道の美味しいチーズを入れるおつまみ入れへと変身するのであった。
上げ膳据え膳も好いけれど、家で好きな器で遊ぶのもなかなか捨てがたいものである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示