2012/09/06.Thu

下手なようで (古伊万里色絵松千鳥文小皿)

blog 8764

胡桃餅でおやつタイム。
下手な古伊万里色絵小皿に載せて。
重ね焼きのための釉剥ぎに松の幹と枝の色絵を載せて、こちら@の松梅文と
よく似ているけれど、梅ではない何やら赤い文様が散らされている。
のんちゃん曰く「とんがらし」だそうである・・・。
いや千鳥とかぢゃないかと思うのだが、松に千鳥ってあんまり聞かないよねぇ。

blog 8742

くらわんか系の下手なものだと思ったけれど、裏を返すと染付でささっと唐草が描かれている。
みみっちい字で、ご丁寧に「成化年製」とも描いてあって、案外と手が込んでいる。
そういえばこちら@のおちゃめなお皿もやっぱり裏に染付で唐草が描かれていた。
釉剥ぎのこの手のお皿というのは、やっぱりよく分からない存在である。。

blog 8743
(10.5cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示