2012/09/30.Sun

シンクロニシティ (吹きガラスグラヴュールコップ/田中恭吉展)

いろいろ記録が溜まってしまった。
9月23日(日)は和歌山県立近代美術館に行く。
『生誕120年記念 田中恭吉展』(10/14迄)がお目当て。
以前『創作版画の名品展』@を見て、創作版画運動における『月映(つくはえ)』の存在に
感銘を受け、和歌山の田中恭吉のコレクションはぜひ一度見たいと思っていたのだ。
小さなものを含めると予想以上に膨大なコレクションで、夭折しながらもこれだけのものが
戦禍も免れて遺されたというのは、日本の近代美術史にとっては幸せなことだと思った。
日本の創作版画運動の「青春」と、田中恭吉の死と向き合いながらの「青春」が、
大正という時代において重なり合って、美術史上の金字塔を打ち立てている。

創作版画『月映』の一群、最後に残された力で制作したペン画の一群『心原幽趣』Ⅰを残し、
ピークのまま彼は死に至る。
作品は、植物も人体も(あるいはときにこれらは一体化して)大地から発芽し、
生長するかのようだ。植物までもが、手折れば血を流しそうな気配だ。
膨大な写生の中には時折植物などもあり、小さなものながら植物の秘密をそっと写し取っている。
そうやって、彼の中に蒔かれた種がやがて生長して、版画やペン画の作品になったのだ。
よいものを見せていただいた。
同時開催は、『幻想の美術』(日本の版画では谷中安規、駒井哲郎、浜田知明など)と
『コレクション展 2012-秋』(田中恭吉と同時代の近代絵画など)。

blog 8816

さて、のんちゃんと市をぶらぶらしながらみつけたのがこちら。
軽く薄く吹かれたガラスに淡いグラヴュールの植物文様。
何か、例えば西洋オダマキのような、半ば非現実のような花が3つ浮かんでいる。
田中恭吉の植物へのイメージが抜けきらないうちにふっと出会った。

blog 8822

こんな薄く吹かれた小さなコップは、なんでもないものだけに割に好きなものだ。
大抵カットの施された昭和のものが多いのだけど、グラヴュールというのが珍しくて
つい見惚れていたら、「それはほんとは僕が使いたいなと思ってたんだけどね~」と店のご主人。
「大正あると思うんだけどな。」そう言いながらもオマケしてくれたのがうれしい。

blog 8820

確かにこれは大正のもの・・・田中恭吉が亡くなって間もない頃のものかもしれない。
田中恭吉を手に入れることは不可能であろうけれど、大正の植物文様を、ひとつ・・・掌に。
ほんの、共時性。。

blog 8819
(高さ9.4cm)

おまけ・・・
blog 8817

和歌山からの帰り道、いつもの堺名物、小島屋のけし餅。

blog 8823

こちらは市の帰りに桂・中村軒で栗のお菓子を。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示