2012/12/14.Fri

まさかの出会い (黒織部茶碗/京唐津写茶碗)

茶箱は茶箱として、お出掛けにも都合の良い茶籠が欲しいなぁ・・・と以前密かに思っていた。
あるとき骨董市で頃合いの茶籠をみつけ、自分で中身を集めることにした。
・・・なのにである、あとでのんちゃんが素晴らしい茶籠をみつけてしまったのだ。
中身もなかなかツボをわきまえた王道なるお道具組であったので、この上理想のお道具を
夢見ることも叶わず、私の茶籠計画はすっかり頓挫してしまったのだった。

先日の茶箱も、のんちゃんの茶籠の出現以来テーマを見失っていたのだけれど、
「古び」を中心において何かよい組み方ができるかなと思い始めた。
それでは、私の小さな茶籠はどうしたものか?
「立派」なお道具組ではなくって、何か別な感じはないかな?
例えばカフェオレボウルのようなもので組むのは?いや、でも私っぽくないな、それ。

・・・ということで考えました「プチ骨董」なお道具組!!
誰もが目を見張るすごいお道具ではないけれど、「プチ」っと骨董な感じ♪
ちょっとは古くてそして可愛いやつらで構成するのだ。
籠が小さいけれど、だからこそいろいろ詰め込んでやる。
のんちゃんとお茶をいただけるよう、2碗組んでやるぞぉ~!

さっそく・・・
日頃からちっちゃいものが好きで、考えもなしに集めたものたちを引っ張り出してみる。
(実は茶籠には黒楽っぽい茶碗がついていたが、「楽」っぽい印があるのが困りものである。)
どうしようかなぁ、とあれこれ出してみると・・・。

20121129 007

あ、この2碗並べたら可愛くはないかな???
(それぞれ過去にUPしているもの、、、よくもいろいろ死蔵している。。)
これって「プチ骨董」っぽくはないですか♪
でね、おぉ!っと思ったのは・・・

20121203 004

どちらもいびつなこのお茶碗、奇跡のように重なって、なんとぴたっと
茶籠に収まるではないですか♪
あらまっ!今の今まで知らずにいたのね~。

という訳で、私のプチ骨董なる茶籠計画は続く・・・。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示