2013/01/01.Tue

ハレとケと (色絵くらわんか徳利)

新年あけましておめでとうございます。
今年もまた一年、つつがなく暮らせますように。
近所の神社にお参りに行ったら、丁度獅子舞の奉納に遇う。
一年巡って、年中行事を迎える慶び。

年末は連チャン忘年会の後、恒例の大掃除&お節作り。
ぎりぎりにしかやらないのは毎度のことで、残りの掃除をして、年越し蕎麦を作り、
お風呂に入って、ほっとして座ったら紅白は既にトリなのであった。
でもまぁ、こうやって年末だけ全力を傾けるのが我が家流なのだろう。

お部屋はささやかにお正月モード。
白侘助を掛け花に、寒いこの冬やっと蕾が下がってきた水仙を徳利に。
壁の絵も新春用に架け替える。
やきものもやっぱりこれ、というものをごそごそ引っ張り出す。
この辺りもなんとなく我が家流の儀式が定まりつつある。

暮れに大山崎山荘美術館でやきものを見た時、徳利類に惹かれたので
取り出して撮っておいた画像を出してみる。

美術館で見たのは古伊万里色絵だったけれど・・・

20121224 017
(12.8cm)

これは素地が灰白色っぽい、くらわんか系である。
美術館の古伊万里も民芸っぽい、暮らしに似合うものだったけれど、
くらわんかというのもそういうもので、普段呑むのに丁度良い。
くらわんか徳利色絵染付というのは、実はこのとき初めて見た。
染付だけのものは時々あって、丁度色絵の部分を取ったような柄である。
なので、もしや後絵か?と少々悩んだ。
色絵の部分にも普通に使用擦れなんかがあったりはしたのだけれど。)
でも、つつましい色絵で愛らしく、ほんとは悩む必要なんかなかったのだ。
手元に置いてもやっぱり違和感はなく、連れ帰ってよかったな、と思うけれど、
それでもやっぱり、こんなものもあるのかなぁ・・・とフシギである。

しかし、結局連れ帰ったのはのんちゃんなのであった。
見つけたのは私であるが、諸般の事情により?!のんちゃん所有である。。
そんな訳で、私は色絵徳利様よりお酒をお分けいただく儚い身の上なのであった。

くらわんかといえばケのイメージだけれど、これは色絵で飾って
ささやかにハレの日っぽいので載せてみた次第。

20121224 019

つづき・・・ことしもお節!
20130101 003
紅白なます・黒豆・田作り・数の子

20130101 001
お煮しめ/ミートローフとか色々(出汁巻は市販品)

20130101 004
色々(きんとんと鳥の八幡巻は市販品)

いただきものの昆布巻きを入れ忘れてるっ!!
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(4)
Comment
No title
明けまして おめでとう
今年もよろしく。 

おせち頑張ったね~
美味しそう。
りぃこちゃんへ
あけましておめでとう♪
今年もよろしくね!

おせちは毎年大わらわだよ~。
正直味を極める余裕もなく、って感じ(笑)。
でもちゃんとした重箱に詰めると上等に見えるのがいいね!
No title
明けましておめでとうございます。
美味しそうなお節が満載ですね。^^

「くらわんか」って素敵そう。
これを機に勉強したいです。
ココペリ778さんへ
おめでとうございます。
エセ主婦な私のお節は本と首っ引きです(笑)。

くらわんかは好きなんですけど、
よく分からないことも多い気がします。
(私が分かってないんでしょうけれど・・・。)
でも興味が拡がっていくのは楽しいですよね。

管理者のみに表示