2013/02/01.Fri

富貴長命 (再興九谷赤絵金彩舟文盃)

気づけば2月の今日なのである。
病後がイマイチで、ぱっとしないままに日々をやり過ごしていたら
さては2月に突入していたのであった。
昭和な我が家がサイコーに寒い2月であるけれども、この季節は好きだ。
陽射しが日一日と強くなって、小鳥が騒ぎ始めて、早春の花芽が膨らんで、
何かが密やかに始まるのはやはり立春からなのだ。
(3月や4月はあまりに甘美すぎるのか、私はいつも体調を崩してしまうしね。)
あぁ、とっとと微熱っぽいのを復旧して、冷たくて晴れやかな2月の空気を
胸いっぱいに吸い込まなくっちゃあ!!2月はたった28日しかないのだもの。

さて、先月見た加賀赤絵展の愉しさに敬意を表して、ぽちっと赤絵をUP。

20121224 022
(直径6.5cm/窓に「富貴長命」とある縁起よきもの)

このコウモリの飛んでいる図柄はどこかで見たな・・・あれ@とおんなじ♪
これもやっぱり裏銘角福なので、ぎりぎり江戸あるのだろうか。
赤絵金彩に微妙に薄緑と薄黄を彩色しているのは宮本屋窯なんかによくあるので
宮本屋とまではいかなくとも、その後の九谷本窯ぐらいだったらよいのになぁ、
などと勝手に妄想している。
本当に「勝手に」妄想なのは、さらにこれはのんちゃんのものであって
自分のものでは全然ないというところなのだけれど(笑)。
(いや、お値段の交渉はして差し上げたので、半分は自分のもの、でもいいかもしれない^^)
のんちゃんは、赤絵細描の丁寧なお仕事ぶりのものを見つけるといつも手に入れている。
コレクションなのか??
ともかく、昔の人の仕事ぶりをこうやって今も愉しめるとは、骨董はやはり好い。

20121224 021

この前の赤絵@は煎茶碗だったけれど、こちらは見込もたっぷり描いてあって
由緒正しき盃生まれのようである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
No title
この金彩舟文盃の見込は見事ですね!!

赤絵の事は良く分かりませんが、良いものはやはり素晴らしく、
見ているだけで引き込まれるようです。^^
ココペリ778さんへ
渋い盃ももちろんお酒の友にはよいですが、
華やかな盃もちょびっと呑むのに愉しいです^^
お酒を注ぐと舟がゆらゆらして酔えますよ(笑)

管理者のみに表示