2013/02/10.Sun

ピンク (伊万里染付撫子文小皿)

「まだ早い?」と言いながらおやつに買ったのは桜大福。
桜餅ではなくって大福、白餡に桜の葉っぱの塩漬けを刻んだのが入っていた。
横にはうぐいす餅も売られていて、梅の開花を聞いた頃なら
やっぱりそちらにするところなのだろうけど・・・。

20130210 003

桜色にしては少し華やかなお色、寒に咲く河津の桜を思い出す♪
もうすこし鮮やかだったら桃色だなぁ・・・。
そうそう、ピンクって撫子のことなんだってね~。
ローズ色は薔薇だし、ピンク色ってみ~んな花の名前なんだ。

20130210 001
(10.8cm)

この伊万里は撫子文なのだそうだ。
江戸後期になると伊万里染付は、細かい線描き主体の文様になってくるけど、
この撫子文とか氷裂文なんかは、線描きのデザインとしてなかなか愉しいかなと思う。
寒仕込みの美味しいお酒を買ったり、骨董市をぶらぶらしたりが楽しい週末。

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
楽しい/愉しい ♪
可愛い小皿ですね。
取分け、ピンクの大福餅とフィットしている。^^
それに、チーズとも合いそう。

所で、楽しい/愉しいの使い分けは知りませんでした。
と言うか、私のパソコンでは変換できません。

色々と勉強になります。
ココペリ778さんへ
線描きの淡い染付なので何が合うかなぁと思いましたが、
ピンクとの取り合わせは気に入りました^^
もう一枚あるとお茶の時間によいのですが。

管理者のみに表示