2013/02/28.Thu

鼻で笑う (織部宝尽文馬上盃)

20130224 017

お気楽な素人ブログとはいえ、あまり嘘はつきたくはない。
ふるいものには真贋の問題がついてまわるのがやっかいである。
なのでできるならば間違いのないところを載せたく思うのだが、
どうもよく分からない、王道を踏み外したものに心を奪われるので困っている。
人に「いけない」と言われて永くそばに置いて眺めてみても、
なかなか「いけない」とは思えなかったりするのでさらに困る。。
(これまでにもいけないものを載せていたらごめんなさい、、、)

20130224 020

もう永いこと持っている鳴海織部「風」馬上盃である。
私的には「風」は可哀相なので外してあげたいところなのだが、
人はみんな鼻で笑う。(ちなみに売主も笑われたようである。)
私的には宝尽くしの文様が、描けそうでゼッタイ描けない描きっぷりであったので、
今ものであってもそれに見合ったお値段で買ったつもりだ。
本歌であるとかことさら言う気はないけれど・・・。
宝尽くしなど織部では見たことがない・・・それは確かにそうである。
穿ってみればそこにつけ込んだ贋物だと考えることもできる。
それでも・・・ずっとずっと考えているのだけれど、
やっぱり、この宝尽くしを描いた誰かのことを知りたいと素直に思ったのだ。
・・・人が鼻で笑ったとて、それで自分を説得することはできない。

20130224 019
(直径:6.8cm/高さ4.7cm)

ちなみに本歌の織部の馬上盃はこんな形はしていない、、、ご尤も。
(でも、織部にも鎬(しのぎ)の手法は少しだけある。)
本歌の織部だって、知らずに見たら人が鼻で笑うようなものはいっぱいあるしね。
もちろん立派な織部も沢山あるのは私だって知っているけど、
危ういところで遊んでいるのも織部だと思っている。

そういう訳で、ちっともほめてはもらえない可哀相な織部の盃を、
どなたかちょこっとほめてはくれぬかと今も密かに夢見ているのである。
(土岐市では2月28日は「織部の日」なのだそうである。)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示