2013/05/01.Wed

水ぬるむ頃 (型吹氷コップ)

20130427 012

綺麗な色だなぁ♪・・・無色の硝子にも色がある。
むかしの硝子は澄んだ湧水の底を覗いたような心地がする。
人工物を綺麗だなと思う気持ちも、自然を伝手にしないとなかなか表せない。

さて、場所食いな氷コップなのだよなぁ・・・と思いつつ、
そんな風に光が屈折する様に見惚れて、既に挙動不審なのであった。

20130427 010

「カップの部分は型吹きです。」そう言われてはっとする。
これは吹ガラスだなとかプレスだなとか、そういうことを忘れて見惚れてた。
光が緩やかに屈折していたのは、型吹きの手法のせいなのか。
能書きは好まない主ではあったけれど、昔の手間を惜しまない仕事に
敬意を表してか、静かに説明をしてくださったのだった。

20130427 009

眺めているだけで心地のよいものだけれど、そろそろ好い季節なので
デザートやら何やらを盛りたいものである。

20130427 008
(口径10.5cm/高さ8cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示