2013/05/27.Mon

ふたたびの牧野邦夫展 (古伊万里色絵花唐草文小皿)

6月2日で終わってしまうので、頑張ってもいちど東京へ♪
練馬区立美術館『牧野邦夫-写実の精髄-』展。
好きだねェ、と言われるけれど、だってもう見られないかもしれないもの。
彼の作品は個人所蔵がほとんどなのだから・・・。

牧野邦夫のことは検索すればいっぱい出てくるのでここでは書かない。
(ごめんなさい。)
彼の技術がどうであるとか、表現がどうであるかということも
あんまり上手く表すことができない。
牧野邦夫にどう惹かれるのかと考えてみるのだけれど、むつかしい。

・・・牧野邦夫がレンブラントについて語った言葉。
「この人の晩年の繪は、非常に高い技術を、より高い精神が
乗り越えてゐる。」
私にとっての牧野邦夫の繪は、そういうものであるように思う。
彼の精神が技術を乗り越えたのかどうかは分からないけれど、
乗り越えようとして描き続けたその痕跡に、こころを奪われ続けている。

彼の言葉をつづけて・・・。
「現代には波はなく、大小の河が流れてゐる。その河の水を
使いたくない奴は、自分で井戸を掘らねばならない。
俺も井戸掘りの一人だ。」
「繪とは、今の私にはどうやって生きているかと云うことの表現です。」

さて、この度は1泊したのでよこしまなこともいっぱい。
・・・って相変わらずの骨董市巡りなのである。
土曜日は代々木公園の大江戸骨董市、日曜日は靖国神社に富岡八幡宮と
都の市はいかがかとばかりに参戦した。
うかれた気分も手伝って、ちょびっとお財布の紐も緩むのであった。

20130527 004
(10.5cm 見込に釉剥ぎ)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示