2013/09/29.Sun

生きて描いて (プレスガラス小キャンディポット)

本日のデザートはドライブで仕入れたピオーネ♪

20130929 006

おかげさまで、鬱帝国脱出しました!!
でもまだエネルギーは足りない感じで、からだが重い重い。。
それでもあの「無くなっちゃいたいような」気分が消えてしまえば
もう大丈夫!っとばかりに活動再開。
(こんなふうに書くとゲンキンな病みたいに聞こえてしまうけれど、
私は一応は完治していて、季節的に一瞬ぶり返すぐらいなのでこの程度なのです。。)
 
土曜日はお友達のお誕生日のお祝いで女子会♪
良いお天気でランチも美味しくよかったよかった!

帰りみち、お友達と京都岡崎の星野画廊さんに寄る。
富士山の絵の特集をされていたのだけれど、私の敬愛する日本画家、
不染鉄の画もなかに展示していたので。。
私は骨董は随分前から愉しんでいたけれど、絵は展覧会で見るものと
思っていた。
というのも、画廊は覗いたことはあってもあまり興味が湧いたことが
なかったからで、それが佳い絵との出合いがないためだとは
気づいていなかった。

それがある時、偶然不染鉄の画に出会ってびっくりしてしまったのだ。
ちょうど6年かかって鬱を脱し、復職して暫くした頃だった。
蓮池と水際の民家を描いたその絵、
民家の二階には小さく昼寝をする人も描かれてあって、
あぁこの画家には、日々の暮らしが極楽浄土なんだなぁ・・・と、
あっけにとられて見つめたのだった。
その満ち足りた画は、見る人も満ち足りた気持ちにさせるもので、
そうしてその画面の輝きは、自分が鬱から脱して、
また世界が輝き始めた、そういう感じに寄り添うものだったのだ。
それから私はすっかり「絵と暮らす」ということにもはまってしまい、
益々煩悩多き日々を過ごすことになったのだけれども。。
不染鉄はそういう、私にとっては特別な画家なのだ。
旅と昼寝と女性が好きで、自分に嘘をつかずに生きて描いた画家。
今はたぶん、関西を中心に知る人ぞ知る、というような人だけれど、
これからもっともっと評価されるんだろうなと思う。

20130929 007

小さいのがお気に入り。昔の色の無色のプレス
こういう澄んだお色を愛でていると、鬱の時もちょっと和む。

20130929 008
(直径6.7cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(4)
Comment
No title
鬱帝国からの脱出成功(!?)←面白い表現ですね(^^)
おかえりなさい~♪
私も季節の変わり目や環境が変わって適応するまでに
そういう、気分の沈みを感じることがあります。
元々持っている気質というか、性質というか、
変わり切らない部分もあるのでしょうかね。
ある程度は仕方ない部分もあるんだろうなあ…って思ってお付き合いしてます。
季節の変わり目、気分的にもそうですが、風邪も流行っているようですので、お互いに気をつけましょうね。
No title
成功おめでとうございま〜す!
私も、気分低下状態になってしまうことがあります。
でも、最近は大雨が通り過ぎるのを待つように、じっと待っていれば去って行ってくれるし
待っていれば去ってくれる信じていられるようになったので
かなり楽になりました。

私も昨日ピオーネを買ってきました^^
最近はぶどうもいろんな種類が出てますよね。
towaさんへ
人はサイボーグじゃない、自然の一部なんだなぁって思います。
私も天候だけでなく、些細なことで心が揺れたりします。
生まれ持った気質はそうは変わらないですが、
そういうところも裏を返せば長所であったりもするので、
仰る通り、うまくお付き合いしていけばよいのかな~と思います。
towaさんもおからだに気をつけてくださいね。
シクラメンさんへ
不調もいつか終るって信じられるのはありがたいですね。
(本当の鬱の頃はそれがなかったから辛かったです。。)
たまの鬱は、ありがたみを忘れないためにあると思うことにしています^^
ピオーネ美味しくいただきました。秋は食べ物がおいしいですね!
シクラメンさんもおからだご自愛ください。


管理者のみに表示