2006/02/10.Fri

小山裕久の料理本

今日は通院日だった。
先生に朝起きれないこと、寝起きの気分の後退ぶりなどを相談してみたが、
あまり気にしないでゆっくりしていて下さい、とのことだった。
今はこの憂鬱な気持ちを我慢するしかないのかなあ・・・
(確かに、生活の質が落ちていることを除けば、大した問題ではないけれど。)
今朝は通院のおかげで朝起きれたけど、毎日こんな気分で起きるのはしんどいなあ、と思った。
普通の人が思う以上に、継続することにはエネルギーを費すのだ。
毎朝、決まった時間に起きて会社へ行くのんちゃんはえらいなあ、と思う。
ましてその時私は大抵寝ていて、帰ってきた時もだいたいごろごろしていて、
そんな日々が4年間、って相当なストレスだろうな、って思う。
教育テレビで、音無美紀子さんの鬱のことをやっていたとき、ご主人の村井国夫さんは、
正直しんどかった、って言っていた。家族だってことは大変なことだ。

帰りに、のんちゃん用のチョコレートを買い、その後ドラッグストアに寄った。
明日あさってスノーボードに行くのに、日焼け止めが切れていたのだ。
事前にリサーチしたにも係らず、どれにするかなかなか決められなかった。
こういう決断力を必要とすることは、まだちょっと苦手だ。

明日あさってのスノーボード、朝さえ何とか起きれれば大丈夫だと思うのだけど・・・
楽しんでこよう♪

<記録>
・就寝:1:30/起床8:00
・朝食:食パン、コーヒー
 昼食:ソーセージとナスのオレガノ風味パスタ、パン、サラダ、コーヒー
 夕食:帆立と鶏肉と小芋の煮物、青梗菜と海老と筍の炒め物
・読んだ本
 小山裕久「日本料理でたいせつなこと」
 この人の料理本、好きなのだ。
 日本料理を家庭向けにシンプルにアレンジしてくれていて、
 解説も分かりやすく理由付けしてくれている。
 それから載っている料理の写真も密かに気に入っている。
 日本の伝統的なデザインの器(骨董も含め)に美味しそうに盛り付けてあって、
 ああ、こういう器で食べたら美味しいだろうな、って思わせる。
 一度この人のお店で食事をしてみたいものだ(お値段が張るけど)。
20060210193506.jpg

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ミケアさんスノーボーダーなんですね。
自分も数年前までやってたんですよ。
今はやってませんが、見るのは好きです。
いよいよ冬季オリンピックですね。
楽しみです。

小山裕久「日本料理でたいせつなこと」
この本よさそう (=´∇`=)
読んでみたくなりなりました。
ころれれさんへ

スノーボード、ただてれてれと滑るだけなんですけどね。でも楽しいです。
小山裕久さんの本、知恵の森文庫から出ています(800円也)。
基本的な料理ばかりですが、なかなかためになりますよ。
一度本屋さんで手にとって見てください♪

管理者のみに表示
« 栂池にて | HOME | 日内変動 »