2013/10/26.Sat

注ぐ器 (和ガラス切子盃)

今年は本当に台風が次々とやってくる。
今度のが過ぎたら、秋晴れが続くようになるとよいけれど。。

夏も終わり、秋の初めに見つけた小さな硝子。
ぱっと見なんてことないようだけれど、これにはきゅん♪
とはいえ、その辺りのツボは売主も承知も承知、誇らしげなお値段だった!

20131013 025

どうしてかなぁ・・・ほんのりと色っぽい。
そう思っていたら、これは型に吹いて、外面をカットしてあるそうな。
そう言われたら、内側が僅かにrを描いて光を屈折している。

20131013 001

お酒を注いでみるとね・・・おぉ液体!

20131013 004

うーん、実に液体との相性の良い、そういう硝子なのであった。
思い込みが激しくてスイマセン。。

20131013 024
(直径5cm/高さ4.5cm)

まぁ、所詮思い込みでできた世界だからね。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示