2013/11/30.Sat

蚤の市的 (油彩婦人座像)

展覧会の後、見てきたものを骨董屋で買うというのは鴨葱である。
それはまぁ分かっちゃいるのだけれど、何となく目が合うのである。

煤けた小さな絵・・・というよりもお値段からして古い額ブチを買った、
というべきか。(額縁のほうが立派なのである。)
ほこりを被った絵肌もそれほど高そうな絵具には見えない。。
だいいち、絵が可笑しなことになっている。
椅子に腰かけた婦人の図であることは分かるけれど、手足が
あっちいったり、こっちいったりしているではないか。
この絵に?とは思いつつも、それでも余り不信感を持てないのは、
常日頃、所謂「上手く描けてる絵」というものに懐疑的なせいだろうか。
だけど、もっと忌むべきは下手を装った絵で、骨董でもままあるけれど、
得てしてそういう方が、危険なのである。

そういう訳で、ヘタレ「風」はやだなぁ・・・と迷ったけれど、
「額縁を買った」と思ったことにしてせっかくなので連れ帰った。
というのも、そんなふうに真剣に迷った時というのは、
実は自分とウマが合うものだったりするからだ。

理屈では説明のつかない、「もの」との縁というか相性というか・・・。
真っ当に買ったものが、案外自分に余所余所しかったり、
どうしようか、と思ったものが、実はとても愛着が持てたり、、、
その違いが何処にあるのか、それが分かれば合理的なのだけれど。

そんなにあざとさは感じないんだけれどなぁ。
木製の古びた額縁とくすんだトーンながら補色を使って
メリハリ良く描かれた絵の対比が、なんというか、
蚤の市の隅っこに立て掛けられた愛すべき小品のようで・・・。
美術的な価値云々よりも、それ自体が静物画の題材になりそうな、
そういう「もの」としてのマチエールを感じたのかもしれない。

20131130 014

さて、帰って埃を拭い、ちまちまと小さな古物を並べた棚に
これもちょこんと載せてみると、不思議とずっと前からそこに
あったかの様なのだった。
微笑ましくがらくたの魅力を放っているのだけれど、
隣に並んだ牧野邦夫の椅子のデッサンと
さして喧嘩することもなく、居心地良さ気なのが不思議である。
がらくたなりにお気に入りになってくれるとよいけれど。。

20131130 013
(額縁の幅24.2cm/絵の幅10.2cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示