2013/12/04.Wed

買う自由 (古伊万里?染付花クルス文輪花小皿)

20131201 002

三毛庵的にはあまり登場しないタイプの、繊細な絵付けの小皿なのである。
市にぽつんと置いてあって、真面目な仕事ぶりだったので手に取ってみた。
「それは古くはないよ。」と主の声。
じーっと見て・・・じゃ、私が貰ってあげよ、そう思った。

古くないと言われてどうしても合点がゆかなかったのだ。
なので、「古くない」お値段で買って、ナットクのいく答えを見つける
ことにした。(噂の中国物産なら、いい勉強だし♪)

20131201 003

画像では判断がつきにくいと思うけれど、こんな感じ。
どこがどう、ということは敢えて言わないけれど、
NGを出すポイントがさっぱり見つからないんだよなぁ・・・。
(花クルスが現代的ではあるけれど。)
なので三毛庵的にはOKを出すことにしたんだけれど、
結果、またお皿が増えただけなのであった(笑)

20131201 004
(径10.7cm)

時代がない、と売り手が言うものを自己責任で買う「自由」♪
時代がないものをあると言って売るのは確かにいただけないけれど、
それでもね、正札もない市のことである。
欲しい人が欲しい値段で交渉すればよいだけのことなのだ。
何もかもが素性が知れて、素性に応じたお値段がついているとしたら、
そんなの市じゃないよなぁ・・・と思う。
カスを掴みたくないというのなら、ブランド力のある大店で買えばよいのだ。
リスクは取りたくないけど人より高くは買いたくない、などというような人は
骨董じゃなくほかのことをすればいいのである。
世の中そんなにムシのいい話はないのである。
というか、自分で判断もせず買って何かおもしろいのかと思うけれどね^^

それにしても・・・やっぱりこのお皿のアカンとこが分かりまへん!!
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示