2013/12/15.Sun

ホーム (絵瀬戸家屋文豆皿)

気がつけば師走も半ば。
さすがにこれでは年は越せんと、今日はせっせとお片付けの一日。
何しろものが多いもので、困ったことです。
なんと、なくてもよいものはね、持たないような積もりでいるのだけれど(笑)。
・・・ふるものたちはなくてはならぬものなのでした。

あぁ、心地よく住まいたいものだなぁ。。(なのでお家の図)

20131214 005

ふるいものたちに取り憑かれはじめたころの、めっけもん。
催事で先客が散々値切っているところに出くわして、
あぁ・・・売れちゃわなければよいのになぁ、と念じてた。
これをあきらめてくれるなんて、なんてツキがあるのだろう♪
と思っていたらば、こちらもご予算ぎりぎりで、
帰りの電車賃分、お勉強してもらえたご恩は今でも忘れないのである。

20131214 006

瀬戸は勝見充男さんの梅文の盃が佳いなぁ、と常々思うのであるが、
これがあるおかげで、いつも十二分に満足で、
三毛庵的なるもののホームは此処に在るのだと、見る度再認識するのであった。

20131214 008
(一辺約6.7cm)

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示