2014/01/02.Thu

吉祥文 (色備前初夢文煎餅皿)

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

20131201 001

初ふるものは、色備前の煎餅皿。お友達が取っておいてくれたもの。
初夢で有名な、御目出度い一富士二鷹三茄子の図。
(ちょっと鷹が可愛い過ぎるような・・。)
初夢の図がお皿になるなんて、今の感覚では少し不思議な気もするけれど、
それはやっぱり、食することへの感謝というものが今とは比べものにならないせいだろう。
お正月を実家で過ごすため、家には出来合いのお節を頼んだけれど、
祝肴ぐらいはやはりお手製があると良いなぁ・・・と帰って思ったのであった。
ちなみに、実家では大晦日の年取りがご馳走なのだけれど、三毛庵家では
大晦日は比較的質素で、お正月のお節のほうに重きがおかれる。
お雑煮は吸い物で、祝大根・金時人参・小芋・水菜のシンプルなものである。

ところで、初夢っていつ見る夢のことなのかなぁ・・・とぐぐってみた。
というのも、確か私は1月2日の夜に見る夢、と聞いた気がするからだ。
子供心にどうして元旦の夜じゃないのかなぁ、と思った記憶がある。
やっぱり諸説あるみたい・・・がしかしウィキでは1月2日説は
江戸時代後期の主流で、明治以後は元旦説が主流とある。
あれれ?私は江戸時代の人なのか!?
皆さんはどう聞いて育ちましたか?

20140102 017

年末に丹頂の給餌場へ行ってきた。
釧路湿原の丹頂は、本来渡りで冬だけ日本に来ていたはずの丹頂のうち、
何故か夏場をここで過ごしていた個体群だけが絶滅を免れたものだと
確かNHKの番組でやっていた。
本州へ渡りで来ていた丹頂の絶滅原因は人間なのだそうで、
古物の吉祥文様にもなっている通り、明治までの日本には普通にいた鳥である。

20140102 018

初日の出の代わりに、平成25年最後の夕日を見に行く。

20140102 023

元旦の朝は、うっすらと雪が積もっていた。

20140102 027

おまけ・日帰り温泉+ランチドライブ↓
20140102 002

道東内陸部は根雪になりつつあった。

20140102 004

オーベルジュ「ヘイゼルグラウスマナー」さんへプチ贅沢ランチをしに。

20140102 005

年の瀬も迫っていたので、そんなに人もいないかな、と思って行ったけれど、
この後次々とやってきて・・・でも、静かな時間。

20140102 006

なんだったかな、ムース状のものは蕪で、帆立貝のソテーと。

20140102 007

トマト味のスープには道産と思しき白花豆が具沢山に。

20140102 008

メインは釧路の鱈、上に載っている白子のソテーが美味しかった。、

20140102 009

デザートはピスタチオのアイスと道産の南瓜のブリュレ。
ごちそうさまでした♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示