2014/01/03.Fri

妄想バクハツ (織部槍梅文菊形皿) 

新年を迎えると、僅かだけれど陽射しに力が戻ってくる。
寒咲き水仙が咲き、寒はいよいよ本番だけれど、
梅の蕾がほころぶ頃まで、日一日と強くなる陽射しを確かめつつ。。

20131214 003

さて、土ものの絵皿があるとついつい吸い寄せられる三毛庵。
あ、槍梅♪と手に取ったのは、少しばかりうらぶれ気味の骨董市であった。

20131214 002

ん~見たことあるなぁ、この柄。・・・なぁんていうのを買っていいのか?
後で調べたら可児市にある弥七田織部の梅文のお皿に、似・て・い・る(笑)
おじさん曰く、明治ぐらいの黄瀬戸のお皿、ということなのであった。
絵瀬戸かな?と思うぐらい灰釉っぽい黄色めの上がりであるので、
織部釉が黄瀬戸の胆礬(たんぱん)に見えるからだろう。
デザインは弥七田風だけどなぁ、と思いつつ、細かいことは気にしないのであった。

さてさてそれで、またまた怪しげなる織部を手に入れているワタクシ、
なんだか織部は毎度バッタもん専門みたいでスイマセン。。
バッタもんが好きなのではなくって、バッタもんっぽい織部が好きなのです。
(これは同じようでいて違うことなのである。)
一応マジメなものと見て買ってみましたよん♪
灰釉がちではあるけれど、よく見ると長石釉も混じっているようなので、
絵瀬戸とかいうよりは是非とも織部の末裔って言いたいのだよなぁ。
先日の絵瀬戸と見比べると同じようで違う。)

20131214 004
(21cm)

実のところ、欲しくなったのはこの裏行きを見たからなのだ。
うーむ、美味しそう♪ナデナデしたくなるお肌であるぞ。
高台の畳付きにもみっちり釉薬が掛かっていて、これはOKなのか???
と思ったけれど、調べてみると目跡(って言っていいのかな、お団子の跡みたいの。)
も含めて造りとしては間違いではないようである。
面がつるんと可愛く威厳がないので見過ごしがちであるけれど、
この裏行きはなかなかに強者ではなかろうか。
明治ではこれは作れない気がする。。
(とまあ、またまた三毛庵的妄想バクハツに、呆れられることこの上なく。)

なんであれ、土のこのお皿が傷もなく今手元にあるのが嬉しいことである。

オマケ↓・・・やっと「皇室の名品」展に行ってきた!
20140103 009

3度展示替えがあるとかで、早く来たかったのだけれどなかなか来れず。。
今日は開店を襲ったけれど、結構並んでいた。
(たぶんテレビでやったせいなんだろうなぁ。)
近代日本の美術が好きな三毛庵としては、満足の展示でなのあった。
やきもの、金工、七宝、塗り物、日本画に洋画と盛り沢山で、
皇室に収められただけあって、どれも技術の粋を集めて格調高く、
お正月によいものを見せていただいた。
京都国立近代美術館に行くと、常設展示もいつも楽しみで、
今日も絵好きのための日本画を堪能してきたことであった。
(また解説もなく、備忘録にもなってないなぁ(笑))
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示