2014/01/19.Sun

メシ・フロな日々 (伊万里染付市松文猪口)

やるときはやらねばならぬ三毛庵であるので、
先週はせっせせっせとくたくたになりながらお仕事をした。
今週も頑張らねばならぬよなぁ。。
帰ったらメシ・フロ、それでさぁもう寝なくっちゃ、という何とも
味気のない日々なのであるが、でもまぁ時間があったところで
さして有意義に過ごせる人でもないので、働いた分だけ
休日がありがたく感じられる、というほうが人生充足しているのかもしれない。
(空腹なほど御飯が美味しいのと同じ理屈である。)

とはいえ、修行僧の様に働き続けることは不可能な三毛庵であるので、
寝る前にちょこっと小皿をナデナデしたりし、ふるいものたちから
元気をもらう怪しくも涙ぐましい日々である。

という訳で、メシ・フロの後、ささっと焼酎お湯割りを一杯。

20140113 027
(直径7.5cm/高さ5.5cm)

これまで蕎麦猪口にはさほど執心したことはないのだけれど、
それというのも三毛庵酒量が少ないので、日本酒には猪口は大きすぎるとか、
コレクタブルな分野で、手が届かないとかそんな理屈である。
近頃は少しだけ焼酎もいただくので、そういうときによさげなものがあれば、と
ちょっと手を出してみたりした。
猪口というのはやはり相場が決まっているのか、三毛庵の思うお値段と
おぢさんのお値段が残念ながらビミョーに折り合わなかったのであるけれども、
オマケをつけてもらうということでめでたく!?交渉成立したのであった。
(おぢさん、ありがとう♪)
さてさて皆さんは蕎麦猪口はどんなふうに使うのでせうか。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
No title
ミケアさん、今年もよろしくお願いします♪
20日を過ぎてますが、一応今年初コメということで(笑

蕎麦猪口。
陶器市などへ行ったときに買うことが多いですが、割合親しみ深いお値段で大好きです。
使うのは私も焼酎お湯割り多いですね。
夏に頂く焼酎ロックもガラスのグラスよりも蕎麦猪口で…が多いかもしれないです。

あとは、最近は紅茶です。
少しずつ何度も注ぐので、熱いものが飲めるので^^
シクラメンさんへ
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします♪

そうですか、やっぱり焼酎は蕎麦猪口ですか!
夏のロックもよいですねぇ~。
紅茶を蕎麦猪口というのはなかなか気が利いてますね。
私も活用方法を色々考えるのが愉しみです。


管理者のみに表示