2014/03/02.Sun

春の献立 (三田青磁桃型小皿)

本日の晩御飯。

十穀米入豆御飯、春キャベツの味噌汁、うどの酢味噌和え、
うどの皮のきんぴら、菜の花とハムのオリーブオイル炒め、
平目とメバチマグロのお造り。
春になると、猛然と苦みのあるものが食べたくなるのはなんでかなぁ。
自分が食べたいものを並べられるのは作る人の特権である。

そういえば、鬱がひどかった時、よく淡々と食べたものを記録していた。
どうしてそんなことをしていたか、今はもうはっきりとは思い出せないけれど、
毎日が無為に過ぎて行く中で、感情に振り回されずに書けることは
食べたものの記録だった。
今だって、平日は淡々と仕事をしているだけで、毎日すごいことなどしている
訳ではなく、だから当時も何もしていないなどと焦る必要などなかったのだけれど、
食べることも億劫だったあの頃は、記録することで最小限、
食事をおろそかにせずに済み、そうして記録しては少しだけ安堵して
いたのかもしれない。

食べたいものがすぐに思い浮かぶのは、ありがたいことである。

20140302 015

(写真がお粗末でスイマセン!)

20140302 014

忙しい合間を縫って骨董市を覗くのも楽しみ。

20140302 001

桃の節句を前にモモを発見!!(・・・桃の節句は桃の花だけど。)
不老長寿のシンボルだから、お皿にもなったんだね。

20140302 002
(9cm × 10cm)

三田青磁小皿は関西では定番アイテムだけれど、
なかなかお手頃にみつからないので、こんな風にバラで出てきたら
ついつい連れ帰ってしまうのである♪
色んな形や模様があるのも三田青磁の愉しいところ。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示