2014/03/20.Thu

もの想う春 (平戸染付向付・豆皿)

明日は春分、早い桜の開花の便りが聞こえ始めたけれど、
控えめに咲く梅の花も名残惜しい。

20140320 011
(長径16.5cm)

平戸焼なのだそうで、愛らしい梅の枝に惹かれて離れの一客を連れ帰る。
(白っぽい素地が平戸らしいのだけれど、ちょっと青く写ってしまった。)
昔から、待ち遠しい春への想いを梅に託していたのだなぁ。。

20140320 024

和菓子屋さんの店先はひと足早く春本番で、桜餅が並んでいた♪

20140320 025

何で食べようかとあれこれ悩んで、以前買った水鳥の平戸?@に。
そろそろ水面も強くなった陽射しを受けてきらきら輝くころ。

20140320 012
(長径8.5cm)

そういえば、こんなキズモノの豆皿もつい連れ帰ったけれど、
これも平戸かなぁ・・・。
ぼんやり冴えないような絵付けの様で、こうして見るとなんだか
気持ちがほわんとする様な、、、春。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示