2014/04/30.Wed

お利口さん (珉平焼C&S)

世間はGWである。
三毛庵家はお互いちょいちょい仕事があったりして、格段の予定もない。
人混みはニガテなので、まっいいか、てなものであるのだが、
でもやっぱり、ロングバケーションはちと羨ましい。

とほほの休日お仕事の三毛庵、のんちゃんからお土産を賜った。

20140429 002

波が描いてあるので千鳥であろうかとも思うのだが、
印象はカラスである(笑)。

20140429 001

こぉんなカワイイ松なのである。
一見磁器みたいだけれども乳白なのは、これは陶器だから。。
これね、珉平焼のC&Sなのだって・・・輸出用だったそうな。
釉薬のかかっていないところは細やかな珉平の土で、
目跡もあって、で、珍しく「珉平焼」とサインがある。
いまのものとあまり変わらない体なので、うっかり見過ごしそうだけれども
こういうなんでもないデザインって、優れて日本的なるものである。
(早速珈琲をいただいたが、上質の使い心地なのであった。)

これがさらにポイント高し!なのは・・・

20140429 003
(カップの直径7.3cm/ソーサーの直径12.3cm)

きゃっ、藁屋風景が!!
しかもキノコみたいに可也のかわゆさですぞ~。
こぉんなヤツ@も持っている、藁屋好き三毛庵になんとラブリーな贈りもの♪
このようなものがあるとはなぁ

他にはないフシギなバタ臭さがありながら、しかと和骨董なる珉平は、
「こんなんあったらちょこっとうれしいな」的ツボを外さない、
いつもお利口なやきものなのである。

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示