2014/05/04.Sun

型物 (源内焼アヤメ文角皿ほか)

ゴールデンウィーク後半戦、今朝はガラクタ市へと・・・。
実は三毛庵、本日午前必達なるお仕事があったもので、
お陰様で遠出ができない連休なのであった。
こぉんな時、ありがたや骨董市・・・早朝からやってるもんねっ!!
休日に仕事をするという、ザンネンなこころのスキマを埋めてやるっ、
っとばかりにお仕事前に市へと繰り出したのであった。

さて、ころんと可愛いこれはなんでしょう?

20140504 006

じゃ~ん!和菓子の型なのである。
京の市では割によく見かけるものではあるけれど、
がさごそ漁っていたら、松・竹・梅が揃って出てきた。
丸みを帯びたデザインがなかなか愛らしい♪
これね、実は普通見るものよりちっちゃくて、
女性の手でぎゅっと握りしめられるほど・・・
「なんにするの?」って聞かれたけれど、掌で玩ぶ大きさって、なんだか嬉しい。
箸置きにしたり、ちょこっとわさびなんぞを載せて
お造りに付けたりはいっちょうやってみたいものであるけれど。

20140504 005

(菓子型を菓子皿に盛る!?の図)

20140504 007

ちなみにこれは源内焼の型物で(アヤメかな、今頃の季節に佳い文様)、
きっとこんな感じの型で抜いたんだなぁ、と思うと、
この菓子型で粘土を抜いて焼いてみたいものである(笑)。

20140429 014
(一辺 7.9cm)

とまぁ、いつものごとく妄想はどんどん拡がるのだけれども・・・
何といっても、、ちっちゃこくって、単純に「もの」的にカワイイのであった。

20140504 004
(一番大きい「竹」の型 3.8cm × 4.8cm)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示