2014/05/14.Wed

古道具たち (万古焼急須)

20140504 024

近ごろはふつうに急須のない家庭が多いそうで。。
確かに、十時だ三時だとお茶の時間を持てるほど、
ふだん家にいる人も少ないのだから、致し方のないことかもしれない。
美味しい茶葉だって、そんなに馬鹿高いものではないのだけれど、
それでも何処のお店でもちゃんとしたものを置いていてはくれない。
美味しくない茶葉しかなかったら、わざわざ急須で淹れようとは思わないだろう。

20140429 017

幸いにして美味しいお茶を飲んで育った三毛庵であるので、
古道具の急須にも目がない。
万古の急須は秦秀雄が推奨したものだけれど、実際使い佳いものである。
デザインも主張せず、合理的で、それでいて冷たさがない。
別にすごいものでもなんでもないのだけれど、いつも見かけるとちょっと嬉しい♪
骨董未満の古道具、こういうものを拾うのも市の遊び。

20140429 018

保護した品々、いつもしばらく手元に転がしておく三毛庵である。
(のんちゃんにはよくお叱りを受けるのであるが
気に入ったものは時々目に入るところにおいて、見るとはなしに眺めたい。
そうすると、別々に連れてきたものたちがいつの間にか馴染んできて、
結構楽しそうにしていたりするのが、うしし、、なのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示