2018/06/06.Wed

入梅 (竹一重切)

大人になってまた土いじりをするようになった頃、
いろいろのものを枯らした。
下手だったわけではなく、子供のころの記憶を頼りに植えたものは
暑い関西には向かなかったのだ。
植物は頑固なまでに環境を選ぶのだ。
昔ながらの路地裏を歩きながら、どんな草花がここに向くのかを覚えた。
結局今の庭には、茶花と呼ばれるものが多くなった。
やはり日本原産の草花には湿度の高い夏に強いものが多いのだ。

IMG_3595.jpg

梅雨入りしたのだという。
といってもいきなり大雨で、先が思いやられる。
今年植えた越路シモツケを先日惜しみながら切ったのだが、
雨では庭で見る間もなかったから、それでよかったのかもしれない。

IMG_3594.jpg

一重切をみつけたのだ。それで花を切ったのである。

この日は市で、いろいろの暮らしのお道具を手に入れた。
蚊取り線香を入れようと手焙り、のんちゃんの散らかす衣類を入れる籐籠、
庭で水を溜めるブリキのバケツ・・・市というのは便利なものだ。
花切鋏も分けてもらった。
この一重切は薄汚れて段ボールに入っていて、竹も割れていた。
中に落としが入っていて、それならすぐに使えるからと連れ帰った。
知り合いに見せると、落としは古い牛乳瓶らしく、これは貴重では!とのこと。
ええっ、そこでしたか!

帰ってすぐ、籐籠と一緒に花入も洗う、、あれ?結構いい味?
しっとりと飴色がかり、切り口ももう滑らか、竹の割れ目にも古い漆の跡、
うーむ、竹の時代ってよく分らんけど、それなりに古そうな。
それで嬉しくなって、庭のシモツケを切ったのだ。

ずーっとね、一重切が欲しかったのだ。
詰まらないのは嫌だし、さりとてお茶もお花もご縁のない三毛庵が
伝来のよいものを持つのはたぶん間違いだし、
そう思うと、簡単には手には入らない。
でもこの度も気まぐれなふるものの神さまは、じゃ、ダンボから拾うべし、
と差し出してくれたのであった。
こうして牛乳瓶一重切は三毛庵のものになった。

毎日ね、ちらりと見てはいいなぁ♪とときめいている。
花入と花がいいから、ヘタレの三毛庵が入れてもお見苦しくない。
入れやすく、素直で見飽きない、背伸びしなくても使える。
こういうのって、名品にだってそうはないんじゃないかとひとりごちる三毛庵である。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/06/04.Mon

うさぎシステム (鉄製うさぎ置物)

IMG_3574.jpg

へんてこなものがあるなぁ、、西洋の玩具?でもなんだかなぁ。。
などと思いつつ見ていると、主が言う、
「これはね、車輪が動くねん。だからちょっと上等やねん。」
「これって外国のん?」
「いや、日本製。昭和50年代に高岡で作られたもの。」
「へーっ、高岡って銅だけじゃないんだ。」
鉄のものなど注意してみたことはないので主の言を信じるほかないのだが、
このようなものの氏素性がそんなに詳しく分かっているというのもびっくりである。

IMG_3576.jpg

車輪があるから玩具っぽいけど、まぁまぁリアルうさぎだし、
重たい鉄では子供が扱うシロモノではないような気がする。

IMG_3575.jpg

となるとこんなものがあるのはナゾであるが、鉄の質感も面白く、
大人のために作られたのならなかに粋なものである。
うさぎシステム2と命名。

うさぎシステム1はというと、最近作ったこちらである。
IMG_3518.jpg

暖地で庭をしている人が悩むポイントは、エアコンの室外機前である。
熱風に吹きさらされるので、並大抵の植物は育たない。
なので、どうしてもそこだけ寂しい場所になってしまうのである。

という訳で三毛庵、最初は素敵なブロンズの彫刻でも置こうと思ったのん。
ネットで高名な作家の素晴らしいのを見つけたのだが、
当時とても体調が悪くてなんとなく入札できなかった。
で、当面はなんちゃってシステムを作ることに。。
可愛いうさぎ氏は樹脂製です。。
樹脂があかんとは思わないけど、時の経過で程よく風化はしてくれない気が。。
まぁそこが悩ましいポイントである。
高さを出すために置いた鉢は余っていたものの流用。

IMG_3519.jpg

高級ヘデラ、『雪の華』のポット苗をばらしてまぶしておきました!

IMG_3592.jpg

ごく最近の画像、ひょろひょろと細い葉っぱが伸びてきている。
うさぎシステム1にはまだ仕掛けをしてあるのである。
結構可愛くできたなぁ、と悦に入っているのであるが、
出来たばかりの樹脂製というものはアクセントにはなっても、
こころの拠りどころ、という訳にはいかないものである。
そう思っていた三毛庵、この後新たな出会いが待っていたのであった。。
(つづきはそのうち。)

IMG_3563.jpg

去年処分品を買って植えた、赤いスカシユリ(品種名不明)が咲いた♪
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/05/29.Tue

美味しい葉っぱ (備前葉形向付)

朝早くに目覚めてしまった。
布団の中でうだうだしてもしょうがないので、起きて庭に出る。
気になっていたタマアジサイの苗のところに行くと、
やっぱりまだ毛虫がいて、美味しそうに葉っぱをかじっていたので国外追放。
(シロヒトリの幼虫?)
個人的に幼虫系は激しくニガテなのだが、
葉っぱを美味しそうに食べる姿はいじらしいと思う。

IMG_3557.jpg

マルバクチナシがたくさん咲いた。
樹はそんなに面白くないけれど、つぼみや花の姿は面白く、
香りもあって実は有用、スペースがあればひとつぐらいあっていいと思う。
・・・ただこれもムシがなぁ。。ありえなくデカいの、オオスカシバかな?
あれはムリです。。時々花を育てているのか虫を育てているのか分らんくなる。
ムシ画像は出さないので、もう少しムシの話を、、。
6月に要注意なのはイラガとチャドクガの幼虫である。彼らには毒があるので見つけ次第処分。
卵を産み付けられた葉っぱから拡散する前に逮捕することが重要だ。
でも、個人的にどうしても許せない感じがするはチュウレンジバチの幼虫。
デカくもなく、どうってことない気がするけれど、イヤなのです。
つる薔薇の新梢に発生するのが忌々しい感じ。

IMG_3558.jpg

ヤマアジサイの白扇はたわわに咲いて、病害虫知らずでいいなぁ♪

IMG_3559.jpg

クレマチスのプリンセス・ケイト、コハウチワカエデのほうに伝っていって可愛い。
クレマチスも基本的に丈夫でいいんだけど、
週末ガーデナーだと、なかなか誘引をするお暇がなく、
だいたいあらぬところで咲いてしまうのがザンネンなところである。

そろそろ梅雨で、蚊も増えるし、暖地では庭仕事はシーズンオフ。
秋まではひたすら水遣り、ムシや雑草との闘いに明け暮れるのみである。

葉っぱというのは古来食器であったりしたわけだが、
葉型のお皿というのがあって、これはなかなか愛らしい分野である。
古染の写しなのか、魯山人とかも作っている。

あーこれ、使ってみたいなぁ♪っておもったもの。

IMG_3561.jpg

IMG_3562.jpg

備前の煎餅皿などは素朴で好きだが、こんな向付は初めて見たなー♪
魯山人より気安いけれど、もっと時代があって飾らない感じがよい。
発色が、ミルクチョコレート風のとも少しビターなのがありまする。

IMG_3509.jpg

早く使いたくて、市場でお昼ご飯のお寿司と大根漬けを買った日、
早速大根を入れてみた。

IMG_3555.jpg

白いもの、美味しそうだなーって思って、豆乳にはいった汲出し豆腐を。
スーパーのお豆腐が、高級料亭風に!

IMG_3556.jpg

お菓子を入れたらどうなるかなー、って芥子餅まで投入。
(ここまでやるか。。)

こういう使い勝手は、なかなかありそうでないと思われる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »