2017/10/07.Sat

「一汁一菜でよいという提案」(土井善晴著)

少し計り、緊張を強いられていた仕事が山を越え、
疲れが出た昨夜は、残り物のおかずを摘んで済ませた。
ゆっくり寝て回復を、と思ったけれど疲れすぎていたのか目が覚める。

IMG_2910.jpg

思い立って夜中というのにごそごそと薄めのお味噌汁を作る。
残っていた茄子を切り、玉子を落とし、青ネギを散らす。
出汁に使った小さめに切った昆布と煮干しもそのままいただく。
お味噌と出汁の滋養が染み渡る心地。
お椀は山中温泉で旅の記念に買った山中塗。
溜塗にのんちゃんのは黒、三毛庵のは朱の見込みである。

IMG_2911.jpg

先日の片づけで久しぶりにご対面の徳利
瀬戸として買ったものだが、京焼の茶筌徳利にも似ている。
(ほんとうはもう少し黄味のある色なのだが、上手く撮れない。)

IMG_2912.jpg

雀が描いてあるところがお気に入りだが・・・

IMG_2913.jpg

案山子と鳴子が表にはあって、実りの季節のものであることが分かる。
この時期、里のほうへドライブに行くと
文字通り黄金色の田んぼが拡がり、豊かでありがたい気持ちになる。
三毛庵の仕事が果たして世のためになっているかは知らねども、
世の仕事が回りまわってお米の収穫に繋がっていることを望む。

IMG_2914.jpg

決して読書家とはいえない三毛庵であるが、近ごろ読んだ
料理家の土井善晴さんの「一汁一菜でよい提案」という本、
これがとてもこころに沁みた。
(手に取って触れた感じ、目に映る色や質感も美しい本だ。)
派手ではないけれど質の良い器に盛られたふだんの食事の写真、
お膳を整えるお盆なんかの写真があって、
いやしい三毛庵は「ふだんの食事の料理本かな?」と思ったのであるが。

巷にはハウツーものの本があふれていて、いやそれ以外にも
暮らしを整えることの本もあふれていて、
忙しい今の時代の人は、これではいけない、
そう思うことがいかに多いのだろうかと想像させられるのであるが、
そういう人たちの善くあろうとして却ってそれがストレスとなっている事実に、
この本は小さな提案をし、何も無理をする必要はないのだと言っている。
一膳の御飯と一杯のお味噌汁に香の物でよいのだと、
おいしくできる日もあればそうでない日もあって、それでよいのだと。
ハウツーものはあまり得意ではなく、暮らしの本を眺めるのは好きだけれど、
こういうものを使ったらよかった、あるいはものを減らせばここちよい、
というような情報にあまりに踊らされるのも楽しくない三毛庵であるが、
この本はそういうものではない。
土井さんという方は、食べるということを通して、生き方そのものを
常に問い続けている方なのだと思う。
この本には文化というのはどういうことかが易しく書かれている。
あるいは生きるための哲学である。
あるいは信仰にも似たものである。
どうも力不足でこの感銘をお伝えすることができないのであるが、
ちょっと色々のことに自信がなくなったり、
善く生きようとしていろんな強迫観念がついて回って不安になったり、
そういう人はこの本にほっとし、励まされるのではないかと思う。
まぁでも、人それぞれ本にも出会いがあるから、
ほかの人が今この本を必要としているかといえばわからない。
ただ三毛庵は、時折この本のページをめくって、
ところどころを読むだけで、今日も無事に過ごせたことをありがたく思い、
明日も善き日となることを祈るのである。
自分のため、人のためにケの食事を日々作ること、
普通の人にとって、それが生きることであり、祈ることなのだ。

・・・因みにキッチンにオールドのバルーチを敷いちゃった三毛庵は、
自分にとって「食事を作る」という大切な場だから
美しいバルーチを敷いて良かったな、この本を読んで、そう思ったのであった。
(もちろん時折洋服用のブラシでブラッシングして、大切にしている。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/10/01.Sun

中秋間近 (瀬戸?色絵掛花)

いつもテレビをつけながらお昼寝するのんちゃんがお留守であったので、
久しぶりにJ.S.バッハなど聴きながらお片づけをする。
まだすこしあったのです、1年経っても未開封の段ボールが。。
まあ、中身は腐らないものなので寝室の隅っこに放置していたのだが、
そこを片付けてお籠りスペースにしようかと。。
(何しろテレビ嫌いな三毛庵と、静かなのが嫌いなのんちゃん、
この点について言えば、全くもってそりが合わないのである。)
さて、「腐らないもの」とは勿論がらくたの数々である。
まぁよくこんなものまで、というようなものたちである。

掛花が出てきた、じつにキッチュである。
お庭のちびた花を入れたら愉しいかなと思われた。

IMG_2907.jpg
(姫ツルソバと小さい千日紅)
花を入れるものに花を描いてどぉするんだ、といいたかったが、
団扇と扇子という意匠がナイスであった。
もう暑さともさよならの10月で、団扇も扇子も仕舞いどきであるので
名残にと掛けることに。 

IMG_2908.jpg

難点はといえば、このような形であるのであまり
お花のすわりが宜しくなく、気づくとよろってなってたりするんだけれどね。

IMG_2909.jpg

三毛庵の無双釘には上手く掛からなかったので、クリップを工夫して引っ掛けた。
凄い掛花じゃなくっても、気軽に花を飾れるあたり、気分は上々である。 

IMG_2906.jpg

お昼ご飯は袋めんとオタフクのソースで塩焼きそば。
ネギと人参いっぱい!
(休日は親の仇のように野菜を食す三毛庵であった。) 
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/09/30.Sat

キッチンというところ (バルーチ族のトライバル・ラグ)

気付けば2週間も経っている三毛庵である。
公私共々にご多忙であったが、それも今日ひと段落。。
つやつやの新米にすき焼きをたらふく食し、
眠気を催してばったりと倒れ込み仮眠を取る・・・キッチンにて。。
・・・なんでキッチンなんだ!!
って、それは猫のように寝心地のいい場所を知っているからである。
三毛庵、キッチンにラグを敷いたのだ。

IMG_2904.jpg

のんちゃんにキッチンマットでも敷けば?と言われるも
強硬に拒否し続けて早一年、ついに改宗?
違うのだ、ようやくこれならば・・という素晴らしいラグを発見したのだ。
台所仕事を愉しみにするかやっつけにするかは自分次第だが、
汚してもいいというような気持ちでマットを敷いて、
その上で仕事をすることを良しとしない、三毛庵なのであった。
朝に夕に踏みしめて立つのであるから、
心地良いものであってほしかったのだ。
夏場は素足で踏みたい、ならば小さなものでは動き回るときに不便、
そう思うとキッチンの床にできるだけ合うサイズとなるが、
良質の手織りのウールなどと注文をつけるとそうそうはない。
実はこれも表記のサイズが床より大きく、
入らなかったら廊下に敷くことにして手に入れたものである。
結果、ご縁があったようでなんと我が家のキッチンぴったりサイズ!!

IMG_2900.jpg

これは・・・4、50年ほど経たオールドのトライバル・ラグなのである。
アフガニスタン近郊の遊牧民、バルーチ族のもの。
昔のものはウールの質もよろしくて、それにコンディションも上々だったので、
キッチンに敷くのは少々勇気が要ったけれど、汚さないようにすればよいのである。
所作を丁寧にしたり、油を使うときには上にタオルを敷いたりしながら使っている。
(そして疲れるとごろ寝もする。)
大人暮らしならではの贅沢である。
ウールは使うほど艶が増すものであるので、いい感じに古びることを愉しみに。。

IMG_2901.jpg

1年前、新居での暮らしにと手に入れたラグもオールドのバルーチだった。
それは本当に上質で、のんちゃんはいつもそこでぐっすりお昼寝している。
遊牧民の作る絨毯というのは、真にごろ寝するためのものである。
良いウールは艶やかで呼吸し、体に心地よく、芯からリラックスできる。
絨毯というのは本来そういうものなのだと、使ってみて初めて知った。

トライバル・ラグ(部族の絨毯)には、中近東を中心に様々な部族のものがあるが、
1年使ってみて、バルーチにはどうも心惹かれるように思う。
湿潤な日本にいて、バルーチ族のものを理解できるのかと言えば分からないけれど、
控えめで温厚で、芳醇な自然観を湛えたラグとはなんだか気持ちが通うのである。
このラグも地味なようでいて、インディゴブルーに茄子紺を散らし、臙脂と組み合わせ、
綺麗な紅色を差したりして、眺めて触れてこころ癒される。
(よい画像を撮る技術がなくて申し訳ない・・・。)

そんなこんなで、多忙ななかもラグに癒されながらの暮らしであったが
今年も栗の季節♪

IMG_2894.jpg

お気に入り、丹波篠山の清明堂さんの栗おはぎ。

IMG_2895.jpg

こちらは先日食したお芋のロールケーキ、ハロウィンバージョン!

IMG_2886.jpg

お庭では今夕顔(ヨルガオ)が咲いている。
(植えたら巨大化してのんちゃんのひんしゅくを買っているが・・・。)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
« Prev | HOME | Next »